solution
事業案内

RPA (Robotic Process Automation)

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みです。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(デジタル・レイバー)とも言われています。

デジタル・レイバー

ソフトウェアのロボットが、処理手順を登録しておく事で、メールやファイルの読み込みや、ウェブサイトからデータの検索、複数アプリケーションの操作や入力など、今までホワイトカラーが行っていた単純作業を、人間に変わって処理します。しかも、スピーディで、正確で、長時間、処理し続けます。

人間はより創造性の 高い作業に集中

投資効果が見合わないためにシステム化の対象とならなかった、Excel業務やWeb参照、メールを使った処理等、人手で対応している数多くの小さな業務を対象にすることができるためトータルで大きな効果を出すことが可能になります。

デジタルレイバーは、最強のチームメート

得意な作業
得意な作業

優秀なロボットを採用 !!

デジタルレイバーの特徴
デジタルレイバーの特徴

Deep Learning

AI(artificial intelligence:人工知能)分野では、Deep LearningのフレームワークであるCaffeを利用した画像およびテキストの認識を行っております。 近い将来AI市場は確実に増加するため、Caffeを利用した画像・言語認識処理に加えて他のフレームワークの活用を含めDeep Learningの技術者養成も含め対応しております。

ロボット向け画像・言語解析システム

言語認識によりテキスト情報を理解し、ロボットがおかれている状況を認識し行動するプログ ラム開発を行う。

写真からの言語抽出システム

写真に写り込んだテキストを認識するプログラムの開発を行う。

音声認識
画像認識
言語認識
Deep Learning applications
DIGITS
CAFFE
CHAINER
THEANO
TENSORFLOW
convolutional neural network(CNN)
deep neural network(DNN)

AR (Augmented Reality)

AR(拡張現実)分野では、製造業向けの作業マニュアルをARにより再現し技術ノウハウを 継承することに役立てています。 今後、製造業を中心としたマニュアルのAR化、各分野における技術継承のひとつの手段と してARを活用できるように取り組んでおります。

製造業向け マニュアルAR化

AR化詳細は部品配置等、単に2Dのマニュアルでは理解が難しいものをAR化することより、細部に渡り確認ができるシステム

ビックデータ分析 ・ テキストマイニング

ビッグデータ分析に関しては、以前よりデータマイニング処理の開発を行っており、大手企業 様向けのビックデータ分析システムを開発しております。 また、不動産業界向けにもデータ分析システムを開発しており、可視化をツール(Spot fire)を利用して実現しております。

製造メーカ向け ビッグデータ分析システム

製品の企画・製造・販売までのデータおよびネットソースをDBに取り込み、高速データマイニング処理にて逐次データを分析・格納し、利用者が必要な情報を取り出せるシステムを開発

製造メーカ向け ビッグデータ分析システム

不動産向け ビッグデータ分析システム

不動産会社での多量のデータをDBに格納し、日々のレポート送信・Webにより分析データを可視化することができるシステムを開発

IoT (Internet of Things)

株式会社S2I (WWW.S2I.LIFE)

2016年5月に、IoTを推進するために、IoT専門子会社( 事業主体は、Home IoT )を設立しました。 「インターネット」と「物」を結び付けた新しい製品を企画・製造・販売するが、スタートアップ企業との提携により、よりスピードアップし製品販売を実施します。 主に賃貸物件に利用される「心地よい暮らしを 当たり前のように」をキャッチフレーズとした製品を販売することを方針としております。

connecting your life

第一弾として「シェアリングキー®」を株式会社Tsumug社と業務提携を実施し販売します。 「シェアリングキー®」を主に賃貸物件(分譲マンション含む)に販売します。 「シェアリングキー®」は、物理的な鍵をなくした新しい鍵のかたちを提案します。 スマートフォン、felica、テンキー等で鍵の開錠・施錠を行うことができます。

シェアリングキー

Cloud Service Google Maps Platform

Google Maps Platformを利用したソリューション

金融機関・不動産・通信キャリア等の様々分野で地図をインターフェースにしたソリューションをベースした開発実績がございます。

  • 営業支援・動態管理システム
  • 通信キャリア向け 電波エリア表示
  • 不動産物件管理システム

WEB Consulting

戦略的 Web Design Management

Web戦略とは、事業におけるインターネットに関わる領域についての
 ・ 外部の環境要因(市場動向、競合動向など)
 ・ 内部の環境要因(仕様、内部リソースなど)

以上の環境要因を分析した上で、「何を行い」「何を行わないか」を決めることで、事業目標の達成のために必要な「ゴールの設定」と「必要なリソース」を明らかにすることを意味しています。
つまり、Web戦略室は、インターネットに関わる事業を展開する上での、分析と方向性提案の活動になります。

シェアリングキー

「費用の妥当性評価によるベンダー選定」をゴールとするため Webに関わるクライアントの内部環境要因と外部環境要因を取り扱います。

シェアリングキー

Cloud Service salesforce

ITIL®、TIPA ®、CompTIA ® 関連サービス

ITIL(Information Technology Infrastructure Library) ITサービスマネージメントツール

  • 導入支援
  • GAP分析
  • 教育研修

TIPA(ISO/IEC 15504) プロセス成熟度

  • アセスメント

CompTIA IT認定資格

  • 取得研修
CompTIA IT認定資格

REMEDYFORCE 活用イメージ

REMEDYFORCE 活用イメージ